誰かを応援することが幸せへの近道【批判は損です】

こんにちは、わっちーです。

先日このようなツイートをしました。

今回はこのツイートについて深掘りします。

わっちー
僕、実は筋トレとブログやっているんです。
お前、何目指してんの?
わっちー
こんなやりとり経験ないですか?

記事の内容

  • 誰かを応援すると幸せに近づく理由
  • 批判すると損する理由
  • 批判する人の心理と共通点

誰かを応援することが幸せへの近道

自分の価値が上がる

誰かを応援することで、自分の価値は上がり続けます!

この「自分の価値」は、ざっくり2種類あります。

  • 自分自身の価値
  • 相手から見た自分の価値

「自分自身の価値」から解説していくと、まず定義として自分自身の価値は「経験」で決まると思います。(あくまで僕の意見です。)

誰かを応援することで自分もやってみよう!自分にもできる!と心理的に思えることができるんです!

こういう心理状態だと、自分がやりたいこと、やりたかったけど諦めてしまったことに挑戦しやすくなります。失敗することもあるかもしれないけど、失敗は終わりではなく自分の経験値を大きくレベルアップさせます。

次に「相手から見た自分の価値」は、批判してくる人より応援してくれる人の方が自分にとって必要な人だ!って誰でも思いますよね。さらに相談したいときも必ず応援してくれているあなたに相談するはずです。

こういったポジションを取れているのと、取れていないのでは人生の難易度が大きく変わります。

簡単に言うと、同じ努力でも自分への票が入りやすいということ。

感謝される回数が圧倒的に増える

「ありがとう」の回数が人生を良くする。

これ具体的に言うと、自分に起こる「良い事」「悪い事」は無意識に判断しています。
潜在意識ってやつですね。

「ありがとう」と言われた喜びや嬉しさは潜在意識にも影響し、ポジティブ思考になっていきます。

悪い事だと思っていたことが案外そうでもなく思えたり、悩みも減れば幸せですよね!

ちょっとスピリチュアルっぽくなってしまいましたが、友達でも家族でも誰でもいいので応援してみたり、「ありがとう」と言われる行動を積極的にしてみてはいかがでしょうか!

誰かを批判すると損する理由


要は上記で書いたことの逆説です。

  • 自分の価値が下がる
  • 感謝されない

とはいえ、僕も抽象的な批判をしたことがあります。

知り合いとかではないんですが、同世代らしき人がランボルギーニに乗っていたんですが、僕は「不便じゃん」「親が金持ちなんでしょ」と一緒にいた友達に言いました。

これは完全に嫉妬や防衛本能です。

さらに実は僕、車好きなんです。ランボルギーニも乗りたいです。

不便じゃん、とか言ってた自分がランボルギーニ買って乗ってたら矛盾してますよね。

これが批判のデメリットだと思います。実は今でも後悔してます。

批判する人の心理

  • 嫉妬

他人の活躍や成功などが気に入らず、それが理由で嫌いになるか、批判的な態度になる人。

  • 防衛本能

自分にない能力・実績があると、自分の弱点を隠すために批判する人

  • 自己顕示

有名人のSNSに批判やケンカを売る人は、自己顕示欲が強い。炎上させ自分の存在をアピールしたい人

  • 連帯意識

他人の批判に同調して自分も批判する人。

  • ストレス解消

ストレスのはけ口として批判する人。

批判する人の共通点

  • 経験したことがない

僕の場合、ブログだと会社に書いている人がいないので「意味あるの?」と言われます。

きっと1記事でも書いたことある人なら批判じゃなく、アドバイスか経験に基づいいた意見になると思います。

ということで、今回は以上になります。

最近はやっと変化が出てきたので、まとめてみましたが本当に応援することはオススメです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です