今やっていることの深度を追求するには、覚悟が必要な話

こんにちは、わっちーです。

先日このようなツイートをしました。

新しいことに挑戦するのは、すごいことだし、カッコいいし注目も浴びる!

けど、今やってることを深くやり続けることの方が実はすごい!

それがプロになるってことだと思う。

だから僕はYouTubeも始めるけど、注力し続けるのはブログであって、YouTubeは延長線といった考え。

簡単に言うと「広く浅く」「狭く深く」みたいな感じです。

どちらもメリットはありますが、プロ(お金を稼ぐ)になりたいなら圧倒的に後者だと思います。

逆に趣味であれば前者が有利かもです。

今やっていることで「お金を稼ぎたい」と思っているけど、色々やりたいことがあるんだよなー!という方は是非読んでみて下さい。

記事の内容

  • なぜ深度の追求に覚悟が必要なのか
  • 行動力を上げたいときに読みたい本

今やっていることの深度を追求するには、覚悟が必要な話

新しいことは注目されるしカッコイイけど・・・

新しいことに挑戦することに関しては、本当にすごいしカッコイイです!

例えばブログで稼ぎたいみたいな人がいて、収益も少ないのにYouTubeもやってみよう!って人多いと思います。

たぶんどちらも稼げませんよね。

この場合、すでにブログで稼いでいてYouTubeに参入というルートが一番だと思いますが、YouTubeの勢いは無視できないのも事実。

僕もブログの収益は少なくYouTubeを始めますが、今まで通りブログの時間を確保できる仕組みを作ってあります。

愚直に深度を追求し続けるのはつらい

愚直というのは、「一途」「バカ正直」と似たような意味合いです。

今やっていることの深度を追求し続けるのは、愚直さが大事で好きじゃないと挫折します。

何にでも言えることで、僕の場合は「筋トレ」「ブログ」なんですが意外とブログの方が楽だったりします。

理由は好きだからです!

かといって、筋トレが嫌いなわけではないです。

何回サボろうと思ったことか、というぐらいですがコンプレックスを克服するためには筋トレは絶対やめません。

このように本当に好きなことじゃないと、愚直に深度を追求するのはつらいし挫折しそうになります。

目に見える変化が少ない

ここが一番覚悟が必要かもしれないです。

新しいことをバンバンやれば目に見える変化は当然多いです。

でも今やっている1つ・2つのことの深度を追求している最中は、変化が少なく「何やってんだ自分」となる場合が多いと思います。

その先に見える景色は計り知れませんが、人生は変わると思います。

ということで、新しいことをやるにしても、深度を追求するにしても「行動力」が大事になってきます。

そこで後半では僕が行動力を上げるために読んでみて、実際に良かった本を紹介します。

行動力を上げたいときに読みたい本

「行動できない自分」を、勝手に変えてしまうスゴイ方法

石田 和靖さんという方の本なんですが、かなりいいです!

この本を読んでどうなるか?色々あるんですが、僕の場合は

  • 行動できる自分になれた
  • 即決即断できる速さを手に入れられた

他にも「自分の枠の広げ方」というのも書いてあるので、是非一度読んでみて下さい!

0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための

こちらは、伊藤羊一さん( @youichi_itou )の本でタイトルを見て即決しました。

0秒といっても気合いだけで動くのではなく、腹落ち(直感→仮説→行動)のサイクルをしっかり理解した上で動くということ。

他人の目や反応が恐いという方も解決法が書いてあります。

僕はまだ最後まで読んでませんが、それでもオススメできます!

今回は今やっていることの深度を追求するには、覚悟が必要という話をまとめてみました。

僕に相談やご意見ご質問があればTwitterのDMからご連絡ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました ^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です