マイプロテインのオススメ保存容器【コスパ最強でダニも防ぐ!】

こんにちは、わっちーです。

マイプロテイン の保存容器ってどうしてますか?

ジップロックの純正袋のまま保存している人はヤバイですよ!

マイプロテインに限らず多くのメーカーがジップロックの袋を採用していますが、閉めたつもりが少し開いていたなんて経験ないですか?

ダニが大量発生します

上記以外にも純正の袋が使いにくいと感じているので、ダニの発生も防ぐオススメの保存容器を紹介します。

こんな方にオススメの記事です

  • オススメの容器が知りたい
  • コスパ最強の容器が知りたい
  • ダニの発生を防ぎたい

マイプロテインのオススメ保存容器

マイプロテイン純正袋の欠点

  • すりきりがしづらい
  • ジップロックが閉めづらい
  • 服の袖にプロテインが付く
  • 袋の口が狭くプロテインがこぼれる

こんな経験あるって人多いですよね?

特に最初にお話した「ジップロックが閉めづらい」は大問題ですね。

さらに袋の口が狭いので服の袖にプロテインが付いたり、プロテインをこぼして嫁に怒られたりと最悪です・・・

でも大丈夫です!

これから僕がコスパ最強の容器を紹介します。

マイプロテインの保存はタッパーがオススメ

自信を持ってオススメできるのが「タッパー」です!

高いタッパーを買う必要はなくて、ダイソーの100円のタッパーで十分です。

マイプロテイン のサプリメントボトルやフレッシュロックはよく聞く保存容器ですが、やはり手軽に買いに行けてコスパ最強のダイソーのタッパーが一番です!

たった100円のタッパーで先ほどの悩みは全て解決しますので、順番に画像付きで解説します。

タッパーで保存するメリット

密封できてダニの発生を防げる

タッパーはジップロックよりも閉めやすく密封されるので、ダニの発生を防ぐことができます。

ダニが発生してしまったら当たり前ですが、そのプロテインはもう飲めず廃棄するしかないですし、ダニに気付かず飲んでしまった時のことを考えるとゾッとします・・・

すりきりがしやすい

純正の袋のままだと「すりきり」がものすごくやりづらいです。

タッパーの場合は蓋ですりきりできるので、かなり楽チンです!

服の袖・手にプロテインが付かなくなる

純正の袋の場合、袋の深さが15~20cmあるのでどうしても袖や手にプロテインが付いてしまいます。

これが意外にストレスでした・・・

タッパーは深さが袋の半分以下なので、袖や手につかずにプロテインをすくえます!

プロテインをこぼさずにシェイカーに入れられる

あるあるですがジップロック付近にプロテインが付いていて、それがポロポロ落ちることが多々あり嫁によく怒られていましたw

これがタッパーなら少しもこぼさずにできます!

ということで今回は、マイプロテインのオススメ保存容器を紹介しましたが、100円ですので是非一度タッパーを試してみてください!

あっ、因みに言い忘れましたがデメリットはないです。

CHECK!マイプロテインの飲み方は?【分量・タイミング・割り方】

僕に相談やご意見・ご質問があればTwitterのDMからご連絡ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です