筋トレ中に音楽を聴くメリット・デメリット【男は黙って無音!?】

こんにちは、わっちーです。

筋トレ中に音楽を聴いていますか?

トレーニー
当たり前やろ!ワイのテーマソングがあるんや!
わっちー
実は無音が一番いいって知っていますか?

筋トレ中の音楽には、メリットもあればデメリットもあるんです!

因みに僕は、こんな感じで使い分けています。

  • ジム→無音
  • 家 →音楽

なぜなのか気になりませんか?

気になった方、さらっと読んでみてください。

筋トレ中に音楽を聴くメリット・デメリット

メリットは下記の通りです。

  • 筋トレに集中できる
  • モチベーションが上がる
  • ストレスが軽減される

デメリットは下記の通りです。

  • テストステロンが低下する

※男性のみ

ざっくりこんな感じです。

順番に解説していきます!

筋トレ中に音楽を聴く「メリット」

筋トレに集中できる

筋トレ中に雑音を聞きたくない!

こう思う方には最大のメリットです。

僕の場合ですが、ジムは静かで集中できるんですが、家での筋トレは子供もまだ小さいのでキャーキャー常に聞こえている状態です。

こんな状態だと集中できないため、音楽を聴いています。

他にもアスリートの方が、試合前に音楽を聴きながらウォーミングアップしているのも集中力を高めるためです。

モチベーションが上がる

今日はやる気ないなぁ。なんて思いながら筋トレしても効果はないし、気分だって上がらないですよね。

そんな時に自分の好きな音楽を聴けばテンション上がりません?

実際にドーパミンという脳内物質が分泌されるので、科学的にも気分が上がることが証明されています。

ストレスが軽減される

音楽を聴くと、ストレスホルモンのコルチゾールの分泌を低下させてくれます。

さらにコルチゾールは「筋肉を分解するホルモン」なので、どんどん低下させたいところですね!

何か嫌なことがあったときに、好きな音楽を聴くと嫌なことを忘れられるのも、コルチゾールの分泌が低下しているからなんです。

筋トレ中に音楽を聴く「デメリット」

テストステロンが低下する

テストステロンって知っていますか?

簡単に言うと、

筋肉の合成に欠かせないホルモン

なんですが、このテストステロンの値が音楽を聴くことで低下します。

さらにですよ、音楽を聴いてテストステロンが低下するのは

男性のみw

女性は、音楽を聴くとテストステロンが上昇します。

これについてメンタリストのDaiGoさんのYouTubeがオススメです。

男は黙って無音!

科学的にみたら男性は「無音」が一番いいです。

ただ、周りがうるさくて集中できない!気分が上がらない!ってときは必ずあるはずです。

そんなときは、音楽を聴きながら筋トレしましょうよ!

楽しむのが一番ですし、継続が一番の近道なので!

最近いい音楽ないなって方に、僕のオススメの音楽を紹介します。

CHECK!【最新】筋トレ中のオススメ音楽25選

ということで今回は、筋トレ中に音楽を聴くメリット・デメリットをまとめてみました。

僕に相談やご意見・ご質問があればTwitterのDMからご連絡ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です