プロテインの作り置きは大丈夫?【作り置きの特徴と解決策を解説!】

こんにちは、わっちーです

プロテインって1日3回~5回ほど飲みますが、毎回作るのって意外にめんどくさいですよね?

Mr,作り置き
朝に全部作るのがオススメだよ!
わっちー
いやいや、絶対ダメです!

プロテインの作り置きがダメな理由は、

雑菌が繁殖するから

で、粉だけの状態よりも水や牛乳と混ざったときの方が圧倒的に雑菌が繁殖しやすいです。

こんな方にオススメの記事です

  • 現在、作り置きをしている人
  • これから作り置きをしようと考えている人
  • 作り置きをしている友人がいる人

プロテインの作り置きは大丈夫?

結論から言うとNGなんですが、なんでダメなのか気になりますよね?

そこで今回は色んな角度から解説したいと思います。

  • 作り置きのメリット
  • 作り置きのデメリット
  • 作り置きに代わる解決策

上記の順で解説します。

プロテイン作り置きのメリット

いつでもプロテインを摂取できる

プロテインを作り置きするメリットは、「いつでもプロテインの摂取ができる」のみです。

他にメリットはないし、圧倒的にデメリットの方が多いです。

プロテイン作り置きのデメリット

プロテインは1日以上経つと腐り始める

プロテインを冷蔵庫で作り置きした場合は、半日~1日程度しか持ちません。それ以上はタンパク質の鮮度が落ち、腐り始めます

これが持ち歩く場合や常温での場合だと、1時間程度でタンパク質の鮮度・栄養価が崩れ始めます

常温なので、家で飲む場合も要注意です。

もし、どうしても作り置きが必要な場合は必ず冷蔵庫で保管するようにしてください。

プロテインの味が落ちる

プロテインを冷蔵庫で作り置きしたとしても、割と早い段階で酸化が進みます

味によって多少の誤差はありますが、1時間とかでも味は変わります。

酸化するとどうなるかというと、もちろん酸っぱくなりおいしく飲めないので最悪です。

プロテインに雑菌が繁殖する

プロテイン=タンパク質

タンパク質は人間にとって大事な栄養価ですが、ほぼ全ての生き物にとっても大事な栄養価なんです。

さらにタンパク質×水は雑菌が繁殖するのに、ちょうどいい環境なんですね。

雑菌が繁殖したプロテインを飲むとお腹を下すだけでなく、最悪の場合「食中毒」になってしまいます。

プロテイン作り置きの解決策

シェイカーに1回分の粉末を入れる

プロテインシェイカーに1回分の粉末を入れるのが、すぐにできてコスパのいい方法です。

例えばジムに行く前にシェイカーに粉末を入れて、ジムで筋トレ後に水を混ぜて飲むといった感じです。

唯一めんどくさいのが、水を別で持っていくか買うかになってしまうところです。

ブレンダーボトルで持ち運ぶ

ブレンダーボトル( BlenderBottleProStak )って知っていますか?

液体・粉末・サプリメントを一度に運べる、プロテインシェーカーです。

シェーカーにしては少し高めですが、かなり便利です。


ブレンダーボトル 【日本正規品】 ミキサー シェーカー ボトル Pro Stak 22オンス (650ml) ティール BBPSE22 FCTEA

マイプロテインのスリム シェーカーで持ち運ぶ

ブレンダーボトルより安いのが、マイプロテインのスリム シェーカーです。

こちらは液体・粉末のみですが十分ですよね。


マイプロテイン・スリム シェーカー500ml(ブラック)

マイプロの場合は公式サイト が一番安いかもです。

僕みたいなマイプロ信者は買うべきですw

ということで今回は、プロテインの作り置きについてまとめてみました。

僕に相談やご意見・ご質問があればTwitterのDMからご連絡ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です