個人で稼ぐことに偏見がありすぎる件【批判はチャンスです】

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
わっちーです。

先日、このようなツイートをしました。

新年一発目にふさわしい内容なのかは微妙ですが、会社員の大半の方は「個人で稼ぐこと」やブログなどの「ネットビジネス」に対して偏見がありすぎると感じています。

コンビニでバイトはすごいってなるのにブログの収益化は批判の嵐というか「すごい」って言ってくれる人はいません・・・

でも批判されるということは、ある意味チャンスです!

記事の内容

  • 個人で稼ぐことに偏見がある理由
  • 批判がチャンスな理由
  • 興味があるなら迷わず挑戦すべき

個人で稼ぐことに偏見がありすぎる件

実は嫉妬をしているだけ

批判されても単純に嫉妬しているだけ、という場合が多い気がします。

わかりやすい例が、

Aさん
宝くじで30万当たったー!
Bさん
どうせすぐなくなるよ!
Bさん
30万だけでしょ?

実際に僕の周りで、こういった会話をしている人がいました。

さらにBさんはよく「宝くじ10万でいいから当たらないかな」と言っています。

上記のことを踏まえると、単純に嫉妬しているということになります。

ネットビジネスは怪しい

ネットを使って稼ぐ=怪しい・詐欺みたいなイメージがあります。

僕も最初はブログで稼ぐってなんか怪しいとか、詐欺が多そうみたいなイメージがありましたが実際はかなりクリーンな仕事です。

ただ詐欺が多いのも事実です・・・

実は僕も騙されたことがあります。

もちろん騙す側が悪いのは事実なんですが、騙される側の知識がなさすぎるのもよくないです。

そしてこういった詐欺商材を売っている人はだいたい「実績がない」です。

その人のブログ、SNS、評判をググればある程度は実績や信頼度がわかるので、商材を買ったり・コンサルを受ける前に必ず調べることをオススメします。

結局は金でしょ?

お金が欲しくてブログをやる、YouTubeをやる。

こういった理由が一番にあるなら確実に挫折します・・・

お金が欲しいならコンビニとかでバイトするほうが確実にお金がもらえます!

「好き」ということが前提にないと続かないし、雇われているわけではないのでやっても稼げないことが大半です。

ということは、生活に困っているなどの理由なら雇われのバイトがオススメで逆に今後、収入源を増やしたいとか自己成長したいとかならネットビジネスはオススメです!

批判はチャンスです

批判がチャンスな理由

批判する人はこの先「ネットビジネス」をしない、もしくはかなりの後発でやる、という感じになります。

嫉妬するひとは、

  • 羨ましいが、勉強はしない
  • 自分で始めようと思わない

怪しいと思っている人は、

  • 詐欺にあいたくない

ということで、僕やあなたのライバルが減るのでチャンスですね!

そして誰かを批判するよりも応援しましょう。

CHECK!誰かを応援することが幸せへの近道【批判は損です】

興味があるなら挑戦しよう

少しでも興味があるなら挑戦すべきです!

というか、今やらなくていつやるの?どこかで聞いたことのあるセリフですが、今やらなきゃたぶん永遠にやらないです。

お金をかけなくても十分勉強できますし、何より大事なのは「手法」よりも「継続」なので独学で学びつつ習慣化していくのがベストですしオススメです。

そしていきなり高額な商材やコンサルを買うよりも、少額な自己投資からしていきましょう!

元が取れなきゃ意味がない。自分に言いたいです・・・

  • これを知れば必ず稼げます
  • 1日数時間で月100万円稼げます
  • 僕の教え子はみんな稼げてます

みたいな謳い文句がありますが、あり得ません。

必ず稼げたら誰も苦労しませんので、こういった人の商材は買わないほうがいいです。

まとめ

個人で稼ぐことを批判してくる人は、

  • ほぼ全員が会社員(雇われている人)
  • 単純に嫉妬しているだけ
  • ネットビジネスが怪しいと思っている

さらに、批判はチャンス!なので

気にせず頑張っていきましょう(∩´∀`)∩ワーイ

そして、興味のある人は迷わず挑戦しよう!

※商材を買うときやコンサルを受けるときは、必ずその人のブログ、SNS、評判をググって実績や信頼度を調べよう。

最後に

多少の批判はありますが、ブログ×○○で人生変わります!

僕の場合はブログ×筋トレですが、子育てでもいいし、仕事でもいいし、とにかく本気でブログを始めたい!と思っている方で、始め方がわからない方は僕が無料で教えます!

Twitterやブログのお問い合わせから連絡して下さい。

CHECK!Googleアドセンスに1カ月10記事で一発合格した方法

ということで、今回は僕が批判されたときに感じたことをまとめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です